世界に拡大しているトランジションタウンの意味と具体的な活動とは?

世界に拡大しているトランジションタウンの意味と具体的な活動とは?

埼玉県南西部にある日高市高麗。

都心へのアクセスも良く、美しい緑と清流、里山文化の息づくこの地に住む魅力を伝えたい。

いま、地球温暖化をはじめ、私たちの暮らしによる環境破壊が待ったなしの状況に来ています。

私たちは、これから、何を目指していくのか。

自然と共生する循環型社会。

人と人とが繋がり、楽しく、助け合えるコミュニティ。

経済危機や自然災害に負けない強い地域づくり。

トランジション・タウン高麗は、そんなまちづくりにトライする市民活動です。

ぜひ、豊かで楽しいこの高麗の地に、足を運んでみてください。




トランジション・タウンとは?

トランジション・タウンの活動は、市民が自らの創造力を発揮しながら、地域の底力を高めるための、実践的な提案活動です。

いま暮らしている地域を、より暮らしやすく、自然に優しく、健康に、災害に強く、誰一人とりのこさない場所に変えていく、草の根の活動なのです

トランジションという言葉の意味

「移行」を意味する英語(transition)です。

何から何への移行でしょうか?

それは、エネルギーを多量に消費する脆弱な社会から、適正な量のエネルギーを使いながら、地域の人々が協力しあう柔軟にして強い、持続可能な社会への移行です。

トランジション・タウンの起こり

トランジション・タウンは、2005年秋、イギリス南部の小さな町トットネスで、パーマカルチャーの講師、ロブ・ホプキンスを中心に始まりました。

彼のビジョンに共感した人達が集まり、立ち上げグループが結成され、映画上映会、勉強会、自然エネルギープロジェクトなどを企画し、また地域通貨を発行しました。関連団体、企業、行政などとも協働関係を築き、トランジション・タウン運動は、瞬く間に地域に変化をもたらしていきました。

その活動は世界中に拡がり、いまでは1000を超える都市がトランジションタウンとして宣言しています。

わたしたちの活動方針

エネルギーや食料、心や身体の健康、気候変動や環境破壊、格差社会や、社会に参加できない人の増加。いまの社会が抱えているたくさんの問題を、あっという間に、魔法のように解消することはできません。

でも、もし地域のつながりを強くしながら、みんなで考え、行動すれば、そうした問題を同時に解決できるかもしれない。

それがトランジション・タウンの活動の考え方です

「トランジションは壮大なスケールの社会実験。うまく行くかは分からない。でも、確信しているのは、政府がやってくれるのを待っていたのでは、間に合わないということ。そして、個人として行動していては、小さすぎて全然足りない。しかし、コミュニティーとして行動すれば、ギリギリ足りるかもしれないし、間に合うかもしれない」

ジョブ・ホプキンス

参考リンク)NPO法人トランジション・ジャパン(神奈川県相模原市)公式HP
http://transitionjapan.net/


この記事を書いた人

トランジション・タウン高麗デザインチーム松尾 まよか
私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい山や川、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

facebookでコメントする