2020年の活動まとめvol.3秋「パーミーズ高麗 収穫の季節」

2020年の活動まとめvol.3秋「パーミーズ高麗 収穫の季節」

2020年、猛威をふるった(かに見える)新型コロナウイルスは、働き方、暮らし方、経済、流通、アメリカ大統領選挙・・など、多岐にわたって影響が及んでおりますが、Go Green Go Farm!をモットーにしているパーミーズ高麗は、パンデミックがまるで他人事のようにマイペースに活動をつづけております。

結局のところ、テレビ、新聞という旧世紀のメディアが未だマスとしてしる社会なので、一部の利権者たちによってパンデミック騒動を意図的にコントロールしようと必死なんだなあ、って思うわけです。

既存のSNSも、利権者の道具に成り下がっている現在、僕たちはインターネット主体の情報ハブから距離をおいて、フィールドへ出る必要があると日々感じているこの頃、、

パーマカルチャー実践+練習チーム「パーミーズ高麗」の2020年を写真で振り返るシリーズ・・

今回は秋です。




“食”から自然界の偉大さをカラダで感じる。

食べること。

これがパーミーズ高麗のいちばん比重を置いている活動で、パーミーズに入る条件が「食いしん坊であること」「プラントベースなライフスタイルに興味と理解があること」なのです。

食べることから、パーマカルチャーを学び、実践する・・

それはつまり、自然界の偉大さを食べることから感じとることになり、結果的に地球や環境に対して畏敬の念を抱くことができ、それが自分の暮らしと行動に反映されるわけです。

パーミーズ高麗
残暑が残る森の秘密基地にて
カレー パーミーズ高麗
収穫したばかりの野菜とスパイスたっぷりのカレー
収穫 雑炊 パーミーズ高麗
たわわに実ったお米たち
6月初旬に植えて10月中旬に稲刈り
雑炊 パーミーズ高麗
稲刈りのあと持ち寄ったご飯で昼食
パーミーズ高麗
秘密の畑でまこも茸を収穫するヒマラヤンマテリアルの遠藤さん
パーミーズ高麗
さらに秋が深まった森の秘密基地
雑炊 パーミーズ高麗
収穫した高黍で作ったヴィーガンバーガー
 パーミーズ高麗
啓三郎くんのチビも大きくなりました
収穫が目前にせまった蕎麦の実
大豆を脱穀している風景
煮込んだ大豆とまこも茸で納豆作り
パーミーズ高麗
秋も大活躍した巾着田のアースストーブ
雑炊 パーミーズ高麗
大豆と大根の葉っぱとお米の雑炊です
秋空の下で畑仕事です

 

パーミーズ高麗、一年目の秋はよく食べてよく学び、よく動きました。

vol.4の冬編につづく・・

 

▼2020年のパーミーズ高麗を写真で振り返るvol.1 春とvol.2 夏

▼パーマカルチャー初心者におすすめの本

 

 

 


この記事を書いた人

GANESH代表TT高麗広報チームkazz
2018年夏、高麗に移住。職業はWebディレクター。集客型ホームページの制作と運営サポート、複数のWebメディアを主催。2010年、旅をした南インドで大聖者サティア・サイババに会ったことがキッカケで劇的な変化が人生に訪れ、ライトワーカーとして活動することを決意。

パーミーズに所属し、虫嫌いではあるがフィールドで活動している。早朝ジョギングと瞑想とインド旅が趣味である。
Follow :

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

facebookでコメントする