2021年パーミーズ高麗の活動レポートvol.2 夏「子供たちの成長」

2021年パーミーズ高麗の活動レポートvol.2 夏「子供たちの成長」

パーミーズ高麗の活動も2回目の夏が過ぎました。

2021年の夏・・世間はあいもかわらずコロナ騒動で混乱するなか、反対する声を押しのけて東京オリンピックを無観客で開催。また、感染しないと謳われたコロナワクチンの大規模摂取の結果、副反応によって重症化したり死亡者があいつぐ事態となったり、オリンピックと製薬利権による被害(稼働40年を超え廃炉になるはずだった美浜原発の再稼働は、東京オリンピック開催の密約による結果)は、想像を超えたわけですが、、

パーミーズメンバーのほとんどの家にはテレビも新聞もないことから、まるで並行世界(同じ時間軸で進行する別の世界)にいるかのごとく、以前と変わらない暮らしを淡々といとなみ、畑作業や創作活動にいそしんだ夏となりました。




2021年夏のパーミーズ高麗の活動レポート

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植え

2021年夏のパーミーズは巾着田の田植えからスタートしました。

パーミーズの親分はヒマラヤンマテリアルの遠藤さんですが、実は大親分が存在しておりまして、毎年開催されているこの田植えは、ゆみさんが主催してくれているのです。

地域の子供たちや、都会から体験にくる親子も参加することができるフリーな田植えで、今年も盛大に行われました。

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植え

ゆみさんの田んぼは、自然農でササニシキと古代米(黒米・赤米・緑米)を育てます。

田植えから途中の手入れ、そして稲刈りから脱穀まで参加した人が、その参加回数に応じて分配する仕組みになっています。収穫したお米はとても美味しくて、自然界の恵みに感謝せずにはいられなくなるのでした。

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植えパーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植えパーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植えパーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植えパーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植え

無事に田植えが終わって、これから先は自然まかせ。

大きな稲穂が実るかどうか、神様と地球におまかせして秋を待つことにします。
 

▼パーマカルチャー入門の書

新じゃがの収穫と夏野菜の日本式カレー

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 田んぼ

2021年夏の梅雨は、平年よりも少し雨が多い程度でした。

巾着田の畑では、春先に植えたじゃがいもが今年は大豊作となりました。昨年、パーミーズの畑を始める前はカサカサに乾いた荒地でしたが、遠藤さんの知恵で初年度は佐島牧場からいただいた堆肥を多めに入れたのです。

その成果が2年目にでました。

今年は、蘇生した土のおかげで無肥料でもじゃがいもが丸々とたくさん実ったのです。

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植えじゃがいも パーミーズ高麗 パーマカルチャー

収穫したばかりのじゃがいもと野菜で日本式カレーを作ってみんなでいただきました。

いつもは南インド式カレーやビリヤニをプラントベースで作り食べているのですが、大親分のゆみさんからのリクエストで実現した日本式カレーライス。この日は料理名人の女性陣によって50人分を大鍋で調理しました。

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 田植えパーミーズ高麗 パーマカルチャー 巾着田

畑にこしらえたアースストーブ2機と簡易式ストーブ2機、合計4機のカマドが大活躍。

野性味あふれる畑での調理はとても楽しいのです。

パーミーズ高麗 パーマカルチャー ヴィーガンカレーパーミーズ高麗 パーマカルチャー 畑

カレーを食べ終わった後、大量に収穫したじゃがいもをお土産に持ち帰りました。

日本式ヴィーガンカレーは、子供たちにも大好評だったので、また近いうちに開催したいと思っています。

▼パーマカルチャー入門の書その2

収穫量が増えた万蔵時の畑

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 畑

巾着田の畑と並行して、作業をしている万蔵時の畑。

今年は固定種の大豆、高黍、藍などを植えました。巾着田ははるか昔から田んぼで、土が畑向きではないところを、土づくりからスタートしました。万蔵時の畑の土は、とても状態がよくて野菜がとてもよく育つのです。

パーミーズ高麗 パーマカルチャー 畑パーミーズ高麗 パーマカルチャー 畑パーミーズ高麗 パーマカルチャー

この季節は、雑草もよく育ちます。草刈りをして一週間ぶりに畑にいくとわさわさと生えてくる。自然界の営みって本当にすごいと感じます。

パーミーズの夏、つづきは下のボタンをクリック・・

真夏のパーミーズ高麗


この記事を書いた人

GANESH代表TT高麗広報チームkazz
2018年夏、高麗に移住。職業はWebディレクター。集客型ホームページの制作と運営サポート、複数のWebメディアを主催。2010年、旅をした南インドで大聖者サティア・サイババに会ったことがキッカケで劇的な変化が人生に訪れ、ライトワーカーとして活動することを決意。

パーミーズに所属し、虫嫌いではあるがフィールドで活動している。早朝ジョギングと瞑想とインド旅が趣味である。
Follow :

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

facebookでコメントする